時計台記念病院
時計台記念病院

tel:011-251-1221
060-0031 札幌市中央区北一条東1丁目

 

札幌で消化器内科をお探しなら患者様への負担が少ない胃カメラ・大腸カメラを行う
【時計台記念病院 消化器内科】へ〜ピロリ菌について〜

ホーム » コラム »札幌で消化器内科をお探しなら患者様への負担が少ない胃カメラ・大腸カメラを行う【時計台記念病院 消化器内科】へ〜ピロリ菌について〜

札幌で消化器内科をお探しなら【時計台記念病院 消化器内科】へ

女性医師を中心としたチーム医療で多岐にわたる婦人科疾患を診療します。

札幌消化器内科をお探しの方は、【時計台記念病院 消化器内科】をご利用ください。【消化器内科】は多彩な専門スキルを有するメンバーで構成しており、消化器領域に限らず幅広い疾患を診療しております。

【時計台記念病院 消化器内科】の特徴は、胃瘻(PEG)を中心とした栄養療法を行っていることです。リハビリ科と連携し、嚥下評価やリハビリを積極的に行う専門センターとしてQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を重視した総合的な治療を行います。

札幌の消化器内科【時計台記念病院 消化器内科】では患者様への負担が少ない胃カメラ・大腸カメラに対応

札幌の消化器内科【消化器内科】では、苦痛の少ない細径経鼻上部消化管内視鏡(胃カメラ)や、女性・高齢の方にもやさしく柔軟で違和感の少ない細径下部消化管内視鏡(大腸カメラ)を積極的に取り入れております。

ピロリ菌について

女性医師を中心としたチーム医療で多岐にわたる婦人科疾患を診療します。

【時計台記念病院 消化器内科】では、ピロリ菌の専門外来も行っております。ピロリ菌(正式名:ヘリコバクター・ピロリ)は、胃の中に生息する細菌です。胃の中にある尿酸をアンモニアと二酸化炭素に分解し、アンモニアで酸を中和するため、強酸性下の胃の中でも生息できます。

ピロリ菌が発見されてから現在に至るまで様々な研究が行われており、ピロリ菌は胃炎や胃潰瘍などの胃の病気に深く関わっていることが分かっています。ピロリ菌が作り出すアンモニアや毒素が、胃粘膜を直接傷つけてしまうのです。ピロリ菌は多くの場合、子どもの頃に感染すると言われており、一度感染すると除菌しない限り胃の中に生息し続けます。

ピロリ菌に感染すると胃の炎症が続きますが、この時点で自覚症状がないケースがほとんどのため、気づいたときには悪化していたということも少なくありません。自分がピロリ菌に感染しているかどうかは、内視鏡検査やピロリ菌検査などで知ることができますので、一度検査をご検討ください。

消化器内科に関するお役立ちコラム

※こちらの情報は更新日時点に基づく内容となっており変更している場合があります。
最新の情報はお問合せください(2018年3月)


札幌の消化器内科で検査を受けるなら【時計台記念病院 消化器内科】

名 称 社会医療法人 社団 
カレスサッポロ 時計台記念病院
所在地 〒060−0031 札幌市中央区北1条東1丁目
電話番号 011-251-1221
URL http://www.tokeidaihosp.or.jp/



PAGE TOP



時計台記念病院 TEL(011)251-1221 
札幌市中央区北一条東1丁目2-3

トップページ当院について外来のご案内入院のご案内交通案内医療関係の方info

Copyright(C)TOKEIDAI Memorial Hospital All rignt reserved.