札幌の消化器内科科に便秘や胃痛のご相談を。痛みが少ない胃カメラ・大腸カメラで検査を行います。

社会医療法人 社団 カレス サッポロ 時計台記念病院・時計台記念クリニック
(財)日本医療機能評価機構認定病院
文字の大きさ 標準 特大

 
病院概要当院の理念診療のご案内交通案内関連施設プライバシーポリシーお問合せ

札幌の消化器内科で胃痛について相談するなら【消化器センター】へ〜便秘の種類〜

札幌で消化器内科をお探しなら【消化器センター】へ〜胃痛でお悩みの方はご相談ください〜

札幌の消化器内科【消化器センター】へ胃痛などのお悩みをご相談ください

札幌消化器内科をお探しの方、胃痛のご相談なら【消化器センター】をご利用ください。

【消化器センター】では、内視鏡検査を必要とする患者様の増加に伴い、内視鏡センターを拡大・リニューアルいたしました。検査の前後などにゆったり過ごしていただけるよう、待合室や回復スペースを広くとり、内装も安心感を与えるような落ち着きあるデザインを採用しております。

また、便秘外来にいらっしゃる方や女性の方など、プライバシーに配慮した動線を確保しておりますので、不安な方も安心してお越しください。

【消化器センター】のご紹介はこちら

札幌の消化器内科【消化器センター】では経鼻内視鏡検査を行っております

札幌の消化器内科【消化器センター】では、先端径が最も細い超細経内視鏡を使用して検査を行います。通常の胃カメラよりも細いため、痛みが少ないのが特徴です。「口から胃カメラを挿入する従来の検査ではどうしても嘔吐反応が起こり、抵抗を感じる…」という方も多くいらっしゃいますが、経鼻内視鏡であれば喉を通過するときの違和感も少なく、検査中も医師と会話をすることが可能です。

【消化器センター】では、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医が検査を担当いたしますので、札幌で消化器内科をお探しの方はご予約ください。

「経鼻内視鏡検査」のご紹介はこちら

便秘の種類

機能性便秘

偏った食事や不規則な生活といった生活習慣の乱れやストレスなどにより、消化器官の機能低下で起こるものです。一般的な「便秘」は機能性便秘を指すことが多く、大腸の機能不全の状態や原因によって「弛緩性便秘」「痙攣性便秘」「直腸性便秘」の3種類に分けられます。

弛緩性便秘 筋力の低下により便を押し出すことができなくなることで起こる便秘。高齢者や出産回数の多い女性にみられる症状です。腸の蠕動運動が弱くなることでも起こります。
痙攣性便秘 ストレスによる自律神経の乱れで腸の運動がひきつり、便の通りが悪くなることで起こる便秘。下剤の乱用でも起こることがあり、下痢と便秘を交互に繰り返すことがあります。
直腸性便秘 便が直腸まで移動したにも関わらず、脳に便意が伝達されないために起こる便秘。主に便の我慢や浣腸の乱用が原因です。

器質性便秘

お腹の調子が悪いときは札幌の消化器内科へ

大腸・その周辺の疾患により、大腸が変形したり腸が狭くなることで起こります。生まれついての体質が原因で起きている先天性のものと、何らかの病気や疾患の影響で便秘になる後天的なものに分けられます。

原因の中には命に関わる疾患もありますので、ただの便秘と放置せずにきちんと受診することが大切です。

札幌の消化器内科で検査を受けるなら【消化器センター】

名称 社会医療法人 社団 カレスサッポロ 時計台記念クリニック
所在地 〒060-0031 札幌市中央区北1条東1丁目
電話番号 011-251-1221
理事長 大城 辰美
所長 本田 耕一
診療科目 内科・循環器内科・消化器内科・形成外科・放射線科・眼科・婦人科・脳神経外科・外科・リウマチ科・血管外科・泌尿器科
駐車場 契約パーキング有
URL http://www.tokeidaihosp.or.jp/


受療者さまへ地域の皆様へ医療関係の方へ当院で働きたい方へ