札幌の外科・腫瘍治療センターではがん・静脈瘤・痔など幅広い診療を行っております。救急外来にも対応。

社会医療法人 社団 カレス サッポロ 時計台記念病院・時計台記念クリニック
(財)日本医療機能評価機構認定病院
文字の大きさ 標準 特大

 
病院概要当院の理念診療のご案内交通案内関連施設プライバシーポリシーお問合せ

札幌で外科をお探しなら救急の外来にも対応する【外科・腫瘍治療センター】へ〜痔の3タイプ〜

札幌で外科をお探しなら【外科・腫瘍治療センター】へ〜救急の外来にも対応〜

札幌の外科・腫瘍治療センターは救急の外来にも対応。

札幌外科をお探しの方は、【外科・腫瘍治療センター】をご利用ください。【外科・腫瘍治療センター】では、一般外科領域で扱う鼠径ヘルニアや下肢静脈瘤、乳腺・甲状腺の腫瘍、胸部領域の腫瘍、消化器内科外来として扱う食道から肛門までの消化管の腫瘍や良性疾患、肝・胆・膵領域の外科疾患の手術を行っております。

さらに、これらの疾患に対する抗がん剤や分子標的薬を用いた化学療法、肝臓領域においてはラジオ波焼灼やカテーテル治療なども行います。救急の外来にも対応しておりますので、お問合せください。

札幌の外科【外科・腫瘍治療センター】には経験豊富な外科医が在籍

札幌の外科・腫瘍治療センターには20年以上の経験を持つ外科医が在籍。

札幌の外科【外科・腫瘍治療センター】には、20年以上の経験を持つ外科医が在籍しております。これまで大腸疾患や鼠径ヘルニア、肝・脾疾患、下肢静脈瘤、核、乳がん、虫垂切除などの様々な手術を行ってきた実績があります。

月曜から金曜の午前もしくは午後のいずれかで診療を行っていますので、札幌で外科をお探しの方は、一度ご相談ください。

【外科・腫瘍治療センター】のご紹介はこちら

痔の3タイプ

【外科・腫瘍治療センター】では痔の治療も行っています。主な痔のタイプは3つに分けることができます。

いぼ痔

いぼ痔は「痔核」とも呼ばれており、肛門にいぼ状の腫れができている状態です。最も多いタイプで、直腸にできる内痔核と肛門にできる外痔核に分けられます。排便時のいきみが主な原因のため、特に便秘の人にできやすく、症状として出血や粘膜の漏出などが見られます。

きれ痔

きれ痔は「裂肛」とも呼ばれており、肛門付近の粘膜が裂けることで起こる痔です。便秘や下痢で肛門に強い負担がかかることで起こり、痛みが強く治りにくいため悪化しやすいのが特徴です。きれ痔は女性に多く見られますが、これはダイエットなどで食事量を制限することで便秘になることが多いためです。

痔ろう

痔ろうは「肛門周囲膿瘍」のことで、細菌に感染することで膿がたまる病気です。下痢などによって肛門陰窩に細菌が入り込み化膿することが原因で、化膿によるズキズキとした痛みや38〜39℃の発熱が症状として現れます。治療法として、切開排膿とドレナージがあります。

【外科・腫瘍治療センター】の痔の治療について

【外科・腫瘍治療センター】では、「ジオン注射療法」という痔核を切らずに注射で治療する方法を行っております。痔核の痛みを感じない部分に注射し、「傷口から出血する」「傷口が痛む」など患者さまの身体的・精神的な負担が少ない治療方法です。

詳しい治療内容については「痔核(いぼ痔)の治療」にて紹介しておりますので、ご覧ください。

札幌で外科のある病院をお探しなら【外科・腫瘍治療センター】

名称 社会医療法人 社団 カレスサッポロ 時計台記念病院
所在地 〒060-0031 札幌市中央区北1条東1丁目
電話番号 011-251-1221
理事長 大城 辰美
院長 本田 耕一
診療科目 内科・循環器内科・形成外科・眼科・婦人科・リハビリテーション科・消化器内科・外科・脳神経外科・緩和ケア内科・放射線科・麻酔科・血管外科・泌尿器科
病床数 250床
駐車場 契約パーキング有
URL http://www.tokeidaihosp.or.jp/


受療者さまへ地域の皆様へ医療関係の方へ当院で働きたい方へ