札幌でリハビリをお考えの際はご相談を。札幌にてがん・神経疾患などのリハビリに対応しております。

札幌のリハビリは【社会医療法人 社団 カレスサッポロ 時計台記念病院】
(財)日本医療機能評価機構認定病院
文字の大きさ 標準 特大

 
病院概要当院の理念診療のご案内交通案内関連施設プライバシーポリシーお問合せ
トップページ部門紹介>リハビリテーション部

リハビリテーション部のリハビリの様子

1)リハビリテーションの提供体制について

リハビリテーション部
 当院リハビリテーション部は急性期・回復期・社会生活期へのリハビリテーション提供体制をとり、あらゆる疾患に対応しています。更に入院患者様へは365日のリハビリを提供できる体制もとっています(制度上、提供できない場合もございます)。
 理学療法士37名、作業療法士21名、言語聴覚士8名が在籍し、充実したリハビリが提供できるよう日々努力をしております。

リハビリテーション提供体制について
リハビリ室の様子。札幌のリハビリはお任せください。
回復期のリハビリの様子。札幌のリハビリはご相談ください。
よつば家庭医療クリニック・通所リハビリテーション よつば家庭医療クリニック・訪問リハビリテーション



2)教育体制

 患者様のリハビリテーションを主に提供する「担当者」に加え、指導担当のセラピストも配置しています。担当者と指導担当者は入院リハビリテーション計画や治療方針について随時相談をし、いつでも最適なリハビリテーションが提供できるよう努力しています。また当院オリジナルの卒後教育制度を導入し、入職時から卒後10年程度まで、継続した指導が受けられる体制をとっております。他に症例検討会、勉強会を多く実施し、知識・技術の研鑽を行っています。研究活動の推進も支援し、患者様のリハビリテーションへ還元できるよう努力しています。

リハビリテーション部のコンサルテーション場面
時計台記念病院リハビリテーション部FS学術大会の様子
リハビリテーション部の症例検討の様子

@研究実績
平成29年度実績 平成28年度実績

A研修活動報告
リハビリテーション部内で開催した研修会です。院内・外問わず、多くの講師をお招きしています。

平成29年度 研修活動報告
平成29年7月8日 『頭部外傷後の高次脳機能障害に対する地域支援アプローチ』
参加人数 40名
平成29年9月25日 『リハビリと栄養 』
参加人数 49名
平成29年11月22日 『観察による動作分析 』
参加人数 49名
平成29年12月11日 『摂食嚥下障害の概要と他職種による連携』
参加人数 38名
平成30年1月16日 『急性期脳卒中に対する早期退院支援とリハビリ連携』
参加人数 43名
平成30年1月26日 『膝OAの基本病態と理学療法』
参加人数 40名
平成30年2月9日 『呼吸リハビリテーション〜適切な評価とアプローチを中心に〜』
参加人数 42名
平成30年3月15日 『脳画像と症状』
参加人数 43名
平成30年3月27日 『高次脳機能障害患者の就労支援』
参加人数 30名




B資格取得状況

 リハビリテーション部では各種資格を取得した職員が勤務しています。
・日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士 1名
・NST専門療法士 4名
・3学会合同呼吸療法認定士 2名
・認知症ケア専門士 2名
・心臓リハビリテーション指導士 2名
・アクティビティーインストラクター 1名

この他、研修・講習等の受講修了者が複数名勤務しています。
BLS(一次救急救命) 1名
がんのリハビリテーション研修 11名
ADL評価講習会基礎コース 5名
ADL評価講習会経験者コース 3名
アスレチックリハビリテーション講習会 1名
重症度・医療・看護必要度評価者 院内指導者研修 3名



3)他部門との連携

当院リハビリテーション部はリハビリテーションが遅滞なく安全に提供できるよう、各センターや看護部等との密な連携を図っています。各病棟で行われる会議や、多職種合同カンファレンスは毎日実施しています。

リハビリテーション部の他職種合同カンファレンスの様子

@理学療法科

  1. 理学療法とは
     病気や怪我による身体の障害に対して、起き上がる、立つ、歩くなどの基本的動作能力の回復を図るため、運動を行うことをいいます。
     当院では脳血管疾患(脳卒中)や脊髄損傷、整形外科疾患(切断など)、心疾患(心不全、急性心筋梗塞など)、呼吸器疾患(肺炎など)、代謝疾患(糖尿病など)、動脈疾患(慢性閉塞性動脈硬化症など)、がん(術前後、緩和期など)の患者様に対し、障害の改善や体力向上、社会復帰(仕事復帰)を目指してリハビリテーションを行っています。

  2. リハビリの内容
     まずは障害の状態を把握するための評価を実施致します。その後、障害の状態に合わせて筋力トレーニング、関節の動きを柔らかくするトレーニング、バランストレーニング、歩行トレーニングなど、患者様の状態に合わせた練習をしていきます。他にトレッドミル・リカンベントエルゴメーター・心肺負荷試験装置・重心動揺計・機能的電気刺激などを取り入れ、リハビリ評価や運動に使用しています。
     更に入院中からご自宅に伺い手すり設置や段差解消の相談をさせて頂いたり、退院後には訪問リハビリのスタッフがご自宅にお伺いし、実生活に沿ったリハビリを提供します。

    トレッドミルでのリハビリの様子

    リカンベントエルゴメーターでのリハビリの様子 リハビリテーション部での歩行トレーニングの様子


A作業療法科

  1. 作業療法とは
     実用的な日常生活における諸活動の自立及び介助の軽減を図るために、日常生活動作訓練を個々の症状に合わせて行うことをいいます。当院では脳血管疾患(脳卒中)脊髄損傷、運動器疾患(骨折など)、心疾患(心不全、急性心筋梗塞など)、呼吸器疾患(肺炎など)、動脈疾患(慢性閉塞性動脈硬化症など)、がん(術前後、緩和期など)の患者様に対し、障害・生活(着替え・トイレ)の改善と社会復帰(復学・仕事復帰)、日常生活動作を阻害する原因となる考える力や記憶する力などの高次脳機能改善に向けたリハビリテーションを実施しています。

  2. リハビリの内容
    まずは障害の状態を把握するための評価を実施致します。身体機能については筋力や感覚に障害がないかなどを評価します。また高次脳機能障害についても評価を行います。その後障害の状態に合わせて身体機能トレーニングと高次脳機能に対するトレーニングを実施していきます。高次脳機能障害については机上課題やパソコンを用いた訓練、日常生活の中での注意点を実践形式で練習します。復職・復学については内容に合わせた課題を実施していきます。
     更に入院中からご自宅に伺い家事動作や趣味活動実施に関する生活環境の相談をさせて頂いたり、退院後には訪問リハビリのスタッフがご自宅にお伺いし、実生活に沿ったリハビリを提供します。

    パソコンを用いた訓練

    家事動作のリハビリ 机上課題の練習。札幌のリハビリはご相談を。

B言語聴覚科

  1. 言語聴覚療法とは
     脳卒中やその他の病気、頭部外傷が原因で起こる言葉の障害・飲み込みの障害改善を目的としてリハビリテーションを行うことをいいます。なぜそのような問題があるのかを多角的に評価し、より充実した生活を送って頂けるよう、また能力を充分に発揮できるよう援助していきます。食事の飲み込みなど、摂食嚥下機能の改善を目指し訓練を実施していきます。

  2. リハビリの内容
     大脳の言語領域の損傷により、「話す」「聴く」「読む」「書く」ことが難しくなり、言葉がスムーズにでてこない、話している内容が理解できない文字が思い出せない等の様々な症状があらわれることを失語症といいます。症状に合わせて文字を書く訓練や、言葉を話す訓練をしていきます。

    発声発語器官の運動・音読の訓練 発声発語器官(舌・口唇など)の運動が障害されることで、しゃべりにくい(呂律がまわらない・大きな声がでない)などの声や発声の異常が起こります。症状に合わせて声を出すことや、音読の訓練をします。
    摂食嚥下障害に対する訓練 食べ物を「食べる」という行動は、食べ物をみて(認知)、口腔内に取り込み噛み砕く、(咀嚼)飲み込む(嚥下)等の一連の流れによって成り立っています。その過程のいずれかが障害された状態を「摂食嚥下障害」といいます。
    症状もそれぞれ違うため、適切に評価し医師、看護師、管理栄養士、各療法士とも協力しながら訓練を行います。加えて摂食嚥下機能をより詳細に評価するために嚥下造影検査(VF)、嚥下内視鏡検査(VE)も必要に応じて行います。
    定期的に評価・分析を行いながら、訓練を実施していきます。

部門紹介

札幌でリハビリを行う【社会医療法人 社団 カレスサッポロ 時計台記念病院】概要

名称 社会医療法人 社団 カレスサッポロ 時計台記念病院
所在地 〒060-0031 札幌市中央区北1条東1丁目
電話番号 011-251-1221
理事長 大城 辰美
院長 本田 耕一
診療科目 内科・循環器内科・形成外科・眼科・婦人科・リハビリテーション科・消化器内科・外科・脳神経外科・緩和ケア内科・放射線科・麻酔科・血管外科・泌尿器科
病床数 250床
駐車場 契約パーキング有
URL http://www.tokeidaihosp.or.jp/

受療者さまへ地域の皆様へ医療関係の方へ当院で働きたい方へ