社会医療法人 社団 カレス サッポロ 時計台記念病院・時計台記念クリニック
(財)日本医療機能評価機構認定病院
文字の大きさ 標準 特大

 
病院概要当院の理念診療のご案内交通案内関連施設プライバシーポリシーお問合せ

部門紹介

ごあいさつ・理念 部署紹介 先輩看護師の声 新人看護師の声  教育体制  研修風景 学会発表 

■ 看護部のご紹介


新人看護師の声(H.28)

北海道医薬専門学校


 こんにちは。5期生の市橋希美です。
 私は、今年3月に医薬を卒業し、時計台記念病院の本館8階病棟で働いています。この病棟は、眼科・婦人科・外科の混合病棟です。
 今は、主に婦人科の患者さんを持たせていただいています。
元々、婦人科を希望していたため、充実した毎日を送っています。実習では婦人科疾患をもった患者さんをもつことは少ないですが、婦人科特有の患者さんの症状を知ったり、不安や悩みなどを聞き“この状態で生活するのは辛かっただろうな。”など考えることが多くなりました。手術をして、生活が安楽になると顔を輝かせている患者さんをみるのが、とても嬉しい毎日です。
 点滴や尿道カテーテルなど、手技に関することも含めて覚えることは沢山ありますが、病棟の看護師さんがとても親切に教えてくださって、出来ることも増え、やりがいも感じています。
 当院には、循環器や消化器など診療科も沢山あるので是非いっしょに働いてみませんか?施設見学や入職体験も行っているので、参加してみてください!
 これからも、実習や国試と続きますが、体調に気を付けて
頑張ってください。


平成28年卒
本館8階 眼科・婦人科・外科病棟  市橋 希美

市立函館病院高等看護学院


 今年の4月から、アネックス3階病棟で勤務させていただいています。
病棟に配属されたばかりのころは、毎日不安と緊張でいっぱいでしたが、先輩方が優しく指導してくださるので、少しずつ病棟にも慣れていくことができました。また、わからないことや困ったときは、プリセプターさんはもちろん病棟スタッフのみなさんが声をかけてくれたり、温かく支えてくださるので毎日少しずつ成長できていると実感できます。
 技術に不安があっても、シミュレーションセンターでの研修でしっかり練習してから病棟で行うことができるので、大丈夫です。また、同期の存在はとても大きく、悩みや不安を同期と共有して支えあうことで、毎日頑張ろうと思えます。
 循環器病棟は毎日忙しく、自分の未熟さや勉強不足を痛感しますが、ひとつひとつの知識や技術を振り返り、より良い看護を行うことのできるよう日々努力していきたいと思います。


平成28年卒
アネックス館3階 循環器内科病棟  西本 楓

砂川市立病院付属 看護専門学校


 今年の3月に専門学校を卒業し、4月よりアネックス3階病棟で働かせていただいています。
 初めて社会人として働くという不安の中で入社しましたが、約3週間ゆっくり、社会人としての接遇、他職種の役割、そして看護技術の基礎等のオリエンテーションを行っていただき、感じていた不安が軽減した状態で、病棟での勤務に入ることができました。
 病棟での勤務が始まってからも、業務の流れをプリセプターさんに説明していただき、ひとつひとつ教えてもらいながら、少しずつ成長していくことができています。
 今は失敗したり、どうしたらいいのか分からず悩んでしまうこともありますが、プリセプターさんや先輩方に支えてもらいながら、毎日知識や技術を身に着けていくことができています。
 温かい環境の中で、充実した毎日を送ることができており、時計台記念病院で働くことができてよかったと感じています。
今後もより良い看護ができるよう学習を続けていきたいと 思います。


平成28年卒
アネックス館3階 循環器内科病棟 村田 真望

函館看護専門学校


 私は今年の4月より消化器病棟で勤務しています。
入職後は不安が大きかったのですが、新人研修で病院の特徴や看護技術、接遇について講義をうけることで、病棟での勤務にスムーズに入れると思いました。
 病棟での勤務は、プリセプターや病棟スタッフの皆さんに指導をいただき、日々楽しく勤務しています。
 病棟には様々な疾患を抱えた患者さんが入院されており、専門知識や技術を学ぶ必要があるので正直大変ではありますが、患者さんに「ありがとう」といっていただけるととてもうれしく、やりがいを感じられたりします。
 学生の時と違い、自分の行動に常に責任が付き、患者さんの命を預かることへの緊張感を持って働かせてもらっています。
 まだまだ学ぶことが多いですが、患者さんや病棟スタッフの皆さんに信頼される看護師になれるように努力していきたいです。


平成28年卒
アネックス館4階 消化器内科・一般リハビリ
脳神経外科・総合内科病棟  成田 雅大

学校法人札幌青葉学園 北海道看護専門学校


 私は、4月からアネックス4階病棟で働いています。
 入職後は約2週間の研修があり、時間をかけて病院の事や技術等を学習する機会や看護師だけではなく他の職種の方とも繋がりを持つ事が出来ました。
 病棟に配属されて約1ヶ月が経ちプリセプターさんと数人の患者さん受け持たせていただき、毎日忙しく業務にあたっています。
最初は緊張と不安が大きく何をしたら良いのか分からない事もありましたが、プリセプターさんや病棟のスタッフさんが優しく指導して頂けるため、安心して患者さんの元に行き援助を行う事が出来ています。
 4階病棟は消化器のみではなく様々な患者さんが入院しており、幅広い知識や技術が必要となるため、覚える事や大変な事もありますが毎日その日の事を振り返る事で少しずつ、出来る事も多くなり1日1日をとても充実した日々を送る事が出来ています。
 患者さんに必要な看護を考え行えるよう、これからも 日々努力していきたいと思います。


平成28年卒
アネックス館4階 消化器内科・一般リハビリ
脳神経外科・総合内科病棟  寺崎 利奈


ごあいさつ・理念部署紹介先輩看護師の声|新人看護師の声|教育体制研修風景学会発表

受療者さまへ地域の皆様へ医療関係の方へ当院で働きたい方へ