社会医療法人 社団 カレス サッポロ 時計台記念病院・時計台記念クリニック
(財)日本医療機能評価機構認定病院
文字の大きさ 標準 特大

 
病院概要当院の理念診療のご案内交通案内関連施設プライバシーポリシーお問合せ

札幌の眼科で目のかすみについて相談するなら【眼科・網膜硝子体センター】へ〜ドライアイになりやすい人〜

札幌で眼科をお探しなら【眼科・網膜硝子体センター】へ

札幌で眼科をお探しなら【眼科・網膜硝子体センター】へ

札幌眼科をお探しの方は、【眼科・網膜硝子体センター】をご利用ください。【眼科・網膜硝子体センター】では、近視・遠視・乱視・老視の屈折異常、ものもらい・結膜炎などの眼瞼・結膜疾患、ドライアイ・角膜炎などの角膜疾患に対応しております。

特に「網膜硝子体疾患」に重点を置いており、レーザー光凝固装置やOCT装置、オプトスなどの最新機器で正確な診断・治療を行います。

札幌の眼科【眼科・網膜硝子体センター】では目のかすみなど様々な症状に対応

札幌の眼科【眼科・網膜硝子体センター】では目のかすみなど様々な症状に対応

札幌の眼科【眼科・網膜硝子体センター】では、目のかすみ・光がまぶしく感じるなど白内障の症状でお悩みの方をはじめ、その他様々な症状に対応しております。

【眼科・網膜硝子体センター】では白内障や網膜硝子体手術の装置である「コンステレーション・ビジョンシステム」を導入し、安全性の向上と手術時間の短縮化が可能となりました。

眼科外来では最新の機器で検査を行い、網膜疾患に対してはレーザーや抗VEGF薬による治療も行っております。札幌で眼科をお探しの方は、お気軽にご相談ください。

ドライアイになりやすい人

コンタクトレンズを使用している人

コンタクトレンズは涙の力を利用して視界を矯正してくれるものですが、装用することで涙がコンタクトレンズに吸い取られたり、水分の蒸発量が増えることでドライアイになりやすくなります。また、間違った使用方法で装用することで目に傷がつき、ドライアイになってしまうこともあります。

長時間デジタル機器を使用している人

パソコン・スマホ・ゲームなどのデジタル機器を長時間見続けると、無意識のうちにまばたきの回数が減ってしまいます。まばたきには目の乾燥を防ぐ役割があるのですが、回数が減ってしまうと目の表面が涙で保護されなくなり、ドライアイになります。

夜更かしをしている人

私たちの目は、夜になると目の乾燥を防ぐために分泌される涙の量が少なくなります。夜遅くまで、ネットサーフィンやパソコン作業をすると乾燥している目に大きな負担をかけてしまうことになるため、ドライアイになりやすいのです。

札幌で眼科を受診するなら【眼科・網膜硝子体センター】

クリニック名 社会医療法人 社団 カレスサッポロ 時計台記念クリニック
住所 〒060-0031 北海道札幌市中央区北1条東1丁目
電話番号 011-251-2221
URL http://www.tokeidaihosp.or.jp/


受療者さまへ地域の皆様へ医療関係の方へ当院で働きたい方へ