社会医療法人 社団 カレス サッポロ 時計台記念病院・時計台記念クリニック
(財)日本医療機能評価機構認定病院
文字の大きさ 標準 特大

 
病院概要当院の理念診療のご案内交通案内関連施設プライバシーポリシーお問合せ
トップページ病院の概要院長ご挨拶

時計台記念病院 概要

 

■ 院長ご挨拶




時計台記念病院
院長 寳金 清博
 当社会医療法人の設立理念と時計台記念病院のこれまでの歩みに共感し、2019年4月1日より勤務させていただくことになりました。これまでは、大学病院での長い勤務を経験しておりますが、高いレベルの地域医療と言う点では、当院の果たす役割は極めて大きいと感じておりました。
 時計台記念病院は、救急医療から専門診療、そして一般診療まで、さらに急性期から慢性期、リハビリテーション回復期診療まで、広範囲な医療提供を札幌都心部で行ってきました。また、社会医療法人の地域貢献のあり方として「へき地診療」の支援も継続的に行って参りました。
 一方で、札幌市都心部における高度医療の提供と言う点においても、当院は大きな貢献をして参りました。この基盤を発展させ、今後は、札幌市、北海道の医療を主導するような医療機関を目指し、時計台記念病院の機能を十分に活用し、新しい医療を展開して参りたいと思っております。

 新しい時計台記念病院の目標として、
  1. 国際都市札幌市の多様性が求める医療を提供する病院
  2. 国連の目指す持続可能な開発目標SDGsを実現する病院
という2つの姿を掲げたいと思っています。 少し難しい目標ですが、このホームページでも、何度か、お話したいと思います。
 これまでの経験を活かして、本田耕一前病院長の下に全職員が一丸となって築いてきた「時計台記念病院」を更に発展させたいと思っております。

病院長 寳金 清博


病院概要 施設基準 院長のご挨拶  医師のご紹介 部門紹介 へき地医療支援体制について 病院指標(DPC)

受療者さまへ地域の皆様へ医療関係の方へ当院で働きたい方へ