社会医療法人 社団 カレス サッポロ 時計台記念病院・時計台記念クリニック
(財)日本医療機能評価機構認定病院
文字の大きさ 標準 特大

 
病院概要当院の理念診療のご案内交通案内関連施設プライバシーポリシーお問合せ

部門紹介

地域連携課のご紹介  理念・ご挨拶 スタッフ紹介 紹介状について 開放型病床 
時計台在宅医ネットワーク 循環器系検査申込み 造影剤使用検査の注意 行事予定 

■ 造影剤使用検査の際のご注意


造影CT検査を受けられる患者様で、糖尿病薬を服用している患者様へ

 糖尿病薬のうち、ビグアナイド系糖尿病薬(下記一覧表参照)を服用している方の場合、極めて稀に造影CT検査後に乳酸アシドーシスという副作用が起こることがあります。
 乳酸アシドーシスとは、初期症状として食欲不振、嘔気・嘔吐、腹痛、下痢などの胃腸症状が急激に出現し、進行すると倦怠感、筋肉痛・痙攣、脱力感、腰痛、胸痛、過呼吸、脱水、低血圧などを引き起こし、昏睡状態に陥ることもあります。これらは腎臓の機能が障害されている場合に起こりやすいといわれています。
 そこで万一の副作用を防止するため、ビグアナイド系の糖尿病薬を服用している方は、原則として(特に腎機能障害を合併している方)、検査前48時間前から検査当日まで同剤を服用せず、検査後も48時間は服用なさらないでください。
  この間これらの糖尿病薬を服用しないことにより血糖値が一時的に上昇する可能性がありますので、処方医に報告して事前に許可をいただいておいてください。
  服用している糖尿病薬がビグアナイド系の糖尿病薬であるかどうかがわからない場合や、ご自分の腎機能が低下しているかどうかがわからない場合は、処方医にご相談なさってください。

【ビグアナイド系糖尿病薬一覧】
一般名 商品名
メトホルミン塩酸塩 グリコラン、メデット、メルビン、メトグルコ 、ネルビス、メトホルミン塩酸塩(トーワ)、メトリオンなど
ブホルミン塩酸塩 ジベトス、ジベトンS、塩酸ブホルミン(ミタ)
ピオグリタゾン塩酸塩/
メトホルミン塩酸塩(配合薬)
メタクト配合錠LD、メタクト配合錠HD


地域連携課のご紹介 理念・ご挨拶 スタッフ紹介 業務内容 紹介状について 開放型病床 時計台在宅医ネットワーク

循環器系検査申込み 造影剤使用検査の注意 行事予定

受療者さまへ地域の皆様へ医療関係の方へ当院で働きたい方へ