社会医療法人 社団 カレス サッポロ 時計台記念病院・時計台記念クリニック
(財)日本医療機能評価機構認定病院
文字の大きさ 標準 特大

 
病院概要当院の理念診療のご案内交通案内関連施設プライバシーポリシーお問合せ

部門紹介

 

■ 放射線科 のご紹介


放射線科

 放射線科では、レントゲン撮影をはじめ、CT検査やMRI検査、血管造影検査・治療などほかにも多種の検査を行っております。 各診療センターからの依頼を受け、最良の方法にて検査を施行するよう心がけております。




検査室のご紹介

● CT検査室


 マルチスライスCT(64列)を導入しており、1回の撮影時間は5〜10数秒程度であり、検査時間が短くなっております。また、心臓の血管や広範囲の血管などの撮影にも威力を発揮しています。外来診療で心臓の精密検査をお受け頂けます。

● MRI検査室


 1.5テスラMRIを導入しており、脳・脊髄、骨盤部での検査能力が高いのが特徴です。 また、高速撮影技術により、腹部や血管などの検査にも威力を発揮しております。
*2016年4月より乳房撮影が可能となり、乳房精密検査により診断への貢献ができるようになりました。

● 血管造影室(2室)


 カテーテル手技を中心とした診断・治療が行われております。冠動脈や下肢血管の治療など、様々なニーズに対応できるよう、デジタル撮影装置(フラットパネル)が2台稼働しております。
*うち1台は2016年8月に更新し、2台ともバイプレーン(2方向同時撮影)となりより短時間に、そして画質向上とより低被ばくな検査が可能となりました。

● マンモグラフィー


 女性技師が専任で撮影を行っており、安心して検査を受けて頂けます。乳がんは早期に発見すれば治癒率の高いがんです。健診でも受け付けております。

● X線TV室(本館)


 バリウム検査や内視鏡を用いた消化管検査や、婦人科泌尿器領域でも幅広くX線の透視・撮影検査を行います。2機ともフラットパネルによるデジタル撮影にて、被ばくを低減した検査を行っております。

● 骨密度測定室


 当院では骨粗鬆症の診断および治療効果の判定に推奨されているDXA法(デキサ法:二重エネルギーエックス線吸収測定法)を用いた装置を導入しており、微量のX線により短時間で骨量を測定し、検査結果は患者様にお渡ししております。

● 一般撮影室


 デジタル装置を導入しており、フィルムを使用しない画像診断システムを構築しております。これにより、撮影から画像提供に至るまでの作業が簡素化され、待ち時間短縮などに貢献しております。

 



部門紹介

受療者さまへ地域の皆様へ医療関係の方へ当院で働きたい方へ