社会医療法人 社団 カレス サッポロ 時計台記念病院・時計台記念クリニック
(財)日本医療機能評価機構認定病院
文字の大きさ 標準 特大

 
病院概要当院の理念診療のご案内交通案内関連施設プライバシーポリシーお問合せ

看護部の紹介

ごあいさつ・理念 部署紹介 先輩看護師の声 新人看護師の声  教育体制  研修風景  学会発表 

■ 看護部長通信


看護部長通信
第3号 「語る言葉」 平成29年1月13日
新年明けましておめでとうございます。 平成29年が始まりました。今年は平成30年の診療報酬同時改訂に向けて準備をする年になります。看護を取り巻く状況にしっかりと対応しつつ、看護が行える環境と、看護師ひとりひとりの教育、支援を充実させて行きたいと思っております。 どうぞよろしくお願い致します。
 1月も気が付くと2週目が過ぎ去ろうとしていますが、私は、自分の予定している仕事で遅れていることがあり、少し焦っている日々です。そんなある日、A病棟の管理者Mさんが、29年度の構想を語ってくれました。看護師ひとりひとりの支援について、また、チームの看護目標について、「あれもしたい、これもしたい」と、語ります。「しなければ」ではなく「したい」と語る言葉はとても生き生きしていて、聞いているだけで楽しくなります。楽しむという「Fish哲学」の考えが生きており、素敵だなと思います。深刻ではなく、真剣に、楽しんで看護管理を行っていこうとしているのが伝わりました。その後も「シミュレーション教育を今年はもっと充実させたい。人を育てる環境を作っていくのが大切ですよね。」と熱い語りが続き、時間が立つのも忘れて(焦っているのも忘れて)聞き入っていた私でした。

 





ごあいさつ・理念部署紹介先輩看護師の声新人看護師の声教育体制研修風景学会発表

受療者さまへ地域の皆様へ医療関係の方へ当院で働きたい方へ