社会医療法人 社団 カレス サッポロ 時計台記念病院・時計台記念クリニック
(財)日本医療機能評価機構認定病院
文字の大きさ 標準 特大

 
病院概要当院の理念診療のご案内交通案内関連施設プライバシーポリシーお問合せ

部門紹介

ごあいさつ・理念 部署紹介 先輩看護師の声 新人看護師の声  教育体制  研修風景 学会発表 

■ 看護部のご紹介




教育研修

  質の高い看護を実践できる能力を身につける為、様々な研修を行なっています
H28年度 12月18日 看護研究研修U 
  12月9日 リーダーシップ研修U 
  11月25日 看護補助者研修(1回目) 
  10月28日 看護技術研修(救急看護) 
  10月16日 リーダーシップ研修T−A 
  10月7日 プリセプター6 か月フォローアップ研修 
  9月16日 プリセプティ6 か月フォローアップ研修 
  7月19日 看護過程研修T 
  9月9日 既卒採用者フォローアップ研修 
  8月24日 看護研究研修T 
  8月3日 看護倫理研修T 
  7月20日 看護倫理研修
  7月6日 リーダーシップ研修T−@ 
  5月26日 看護研究研修 
  6月17日 メンバーシップ研修 
  6月8日 プリセプター1ヶ月フォローアップ研修 
  5月25日 プリセプティ1ヶ月フォローアップ研修 
  4月13日
〜14日
新採用者オリエンテーション 
H27年度 > 平成27年度の研修はこちらをクリック
H26年度 > 平成26年度の研修はこちらをクリック
H25年度 > 平成25年度の研修はこちらをクリック
H24年度 > 平成24年度の研修はこちらをクリック

12月18日
目的:
1、 関心を持った課題を研究としてまとめ、発表できる
2、 研究的な視点をもって看護実践ができる
目標:
1、 取り組んだ事例研究を発表する
2、 発表した事例研究を看護に役立てたり、看護研究へと発展させる
手がかりをつかめる
  • *自分の看護を振り返ることができた

  • *今後の看護に活かしていきたい

12月9日
目的:リーダーとしての役割を認識し、リーダーシップを発揮できる
目標:
1、 明らかになった自己の課題解決に対する取り組みを振り返ることができる
2、 今後の課題を明確にし、リーダーシップを発揮するための行動がわかる
  • リーダーシップについてやリーダーの役割について理解できた

  • 3回研修で継続的な意識を持ち取り組んだため達成感がある


11月25日
目的:看護部組織の一員として必要な知識、技術を習得する
目標:
1、 専門的知識と技術をもとに介護援助のあり方を考えることができる
2、 患者の安全な介助方法を学ぶ
3、 グループワークを通して日常援助の振り返りができる
  • 知っていたと思っていたことが全くできていないことがわかり参加してよかった


10月28日
目的:患者急変時に対応できるように救命救急技術を身につける
目標:
1、 急変時に自分がどのように行動したらようかがわかる
2、 救命救急技術が習得できる
  • ロールプレイは難しかったが急変場面のイメージがついた

  • メンバーの役割、リーダーの役割を理解できた


10月16日
目的:リーダーシップ研修Uに向けて現在の進捗状況を確認し、今後の取り 組みへ向けての準備ができる
目標:課題を達成するための取り組みの進捗と方向性を確認できる
  • これからの活動について整理ができました


10月7日
目的:プリセプターの役割を再認識し、今後のプリセプティへの接し方が見いだせる
目標:
1、 プリセプティの成長と自己の成長が確認できる
2、 現在の思いを表出し、プリセプティと自己の課題に気づき、プリセプティとの関わりのヒントを得ることができる
3、 優先順位を考えた行動ができるよう指導し、モデルであることを意識できる
  • プリセプティに対し不安や心配なことが多かったが、
    色々な意見を聞いて参考になり気持ちが楽になった


9月16日
目的:半年間を振り返り、目標とする看護師像を目指して具体的な目標がもてる
目標:
1、 心に残った看護場面から、自己の看護を振り返ることができる
2、 目標とする看護師像が明確になる
3、 目標とする看護師像にむけて自己の目標が整理できる
  • 同期と話す機会がありリフレッシュできた

  • 理想とする看護師像を考えることができ明日から頑張ろうと思えた

7月19日
目的:看護過程について再確認し、今後の看護実践に活かすことができる
目標:
1、 看護過程の理解を深める
2、 必要な情報を整理しアセスメント、計画立案ができる
  • アセスメントの重要性を感じた

  • 看護過程は苦手だったが、身近に感じることができた


9月9日
目的:
1、 カルチャーショックを最小限にし、職場環境に適応できる
2、 経験を生かした役割を見出し、職場でのやりがいを感じることができる
目標:
1、 グループワークを通し、思いを表出することでリフレッシュできる
2、 自分が時計台記念病院で必要とされていると感じ、今後の仕事への意欲がもてる
3、 これまでの経験を活かし、時計台記念病院での役割を考えることができる

  • 同じ境遇の人同士、意見を共有し合えたことで、今後も頑張れると思った
  • 自分達の立場や今後についてたくさん話し合うことができた


8月24日
目的: 日常看護の中で実践事例を振り返り事例研究に取り組むことができる
目標:
1、 関心を持った事例に対し研究的な視点で考えることができる
2、 事例研究の進め方を学ぶ
  • どのように取り組むか明確になった

  • 自身の研究に活かせる内容だった

8月3日
目的:看護者の倫理綱領をもとに自らの看護実践を振り返り、倫理問題につ
いて考える
目標:
1、 看護者の倫理について理解する
2、 看護者の倫理綱領に基づいて自己の看護を振り返る
  • 看護場面での倫理を考えることは日々のケアに繋がっており重要だと感じた

  • 普段の自分を見直し倫理について考えることができた


7月20日
目的:看護倫理とは何かを学ぶ
目標:
1、 看護倫理について理解する
2、 看護実践場面での倫理問題について考えることができる
  • オタワの意思決定ガイドは使いこなせると患者のためになると 思った

  • 自分の看護ケアは倫理的にどうなのか考えたいと思った


7月6日
目的:
1、 リーダーシップについて理解する
2、 リーダーとしての役割と自己の課題を明確にする
目標:
1、 リーダーとしての役割を理解し、日々の行動を振り返る事ができる
2、 リーダーシップを発揮するために自己の目標・課題が明確になる
  • リーダーシップについて考える場になった

  • 自己の課題を明確にするヒントを得られた


5月26日
目的:
1、 看護研究の意義を学ぶ
2、 日常の看護の中で、問題意識や研究的視点を持つことができる
目標:
1、 研究の必要性と意義を理解する
2、 日常的な実践の中で研究的な視点を持つ
  • また聞きたい、計画書の書き方はぜひお願いしたいです

  • 事例研究の進め方について教えてほしい


6月17日
目的:
1、 メンバーシップについて理解する
2、 チームメンバーとしての役割が実践できる
目標:
1、 メンバーシップを発揮するために何が必要かがわかる
2、 メンバーシップを発揮するための自己の課題がわかる
  • メンバーシップについて理解ができ、チームの一員としての役割が理解できた

  • 今後自分がどのように行動すればよいかが分かった *今後の看護に活かしていきたい


6月8日
目的:プリセプターの役割、実践を振り返ることで自己の成長へとつなげることができる
目標:
1、プリセプターの役割を通し、看護実践者としての自己を振り返ることができる
2、プリセプティと今後の関わりについて具体的な行動レベルまで導き出すことができる
3、各部署の支援状況を知ることで、今後のプリセプターシップの発揮に役立てることができる
  • 自分が行っている看護を振り返る機会となった

  • 初めてのプリセプターなので自分の心配や困っていることが解消できた


5月25日
目的:
新卒:リアリティショックを最小限にし、職場環境に適応でき、新人同
士思いを共有しリフレッシュできる
既卒:カルチャーショックを最小限にし、職場環境に適応でき、経験を
活かした役割を見出すことができる

目標:
新卒:
@部署を 離れて新卒者と交流することでリフレッシュできる
A専門職業人としての責任ある行動を具体的に考えられる
既卒:
@既卒者同士で自分の気持ちを表出し、仲間づくりをし、リフレッシュできる
A自分が時計台記念病院で必要とされていると感じ、明日からも頑張ろうと思える
Bこれまでの経験を活かし、個々での自分の役割があることに気づき、どのようなことなのかを考えることができる
  • 新卒:思いを共有しあうことでリフレッシュできた

  • 既卒:知識や技術が浅くてできないことの方が多いですが頑張ろうという気持ちになった

4月13〜14日 
目的・病院組織と機能を理解し、新人職員としての心構えを養う
  • 実際に使用する物品や機器を使った研修でよかった

  • 委員会活動や技術演習が行えてとても学びになった

  • 今後役立つ内容で不安の軽減になった





|ごあいさつ・理念|部署紹介先輩看護師の声新人看護師の声教育体制研修風景学会発表

受療者さまへ地域の皆様へ医療関係の方へ当院で働きたい方へ