時計台記念病院
時計台記念病院

tel:011-251-1221
060-0031 札幌市中央区北一条東1丁目

 

札幌で形成外科をお探しなら傷跡の修正やしみ・あざの治療を行う【時計台記念病院 形成外科】へ 〜意外と多い顔面骨折〜

ホーム » コラム »札幌で形成外科をお探しなら傷跡の修正やしみ・あざの治療を行う【形成外科】へ〜意外と多い顔面骨折〜

札幌で形成外科をお探しなら【時計台記念病院 形成外科】へ


女性医師を中心としたチーム医療で多岐にわたる婦人科疾患を診療します。

札幌形成外科をお探しの方は、【形成外科】をご利用ください。【形成外科】では、急性期から慢性期まであらゆる状態の創傷の治療に力を注いでおります。

難治と言われる慢性創傷、すなわち床ずれ(褥瘡:じょくそう)や閉塞性動脈疾患などの診断・治療を、循環器内科とのチームプレイのもとで行います。大切断を避けるために積極的な治療を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

札幌の形成外科【形成外科】では傷跡の修正やしみ・あざの治療などに対応


札幌の形成外科【形成外科】では、唇顎口蓋裂などの先天異常、皮膚の良性・悪性腫瘍及びその再建など、形成外科のあらゆる分野の治療に取り組んでおります。赤ちゃんからお年寄りまで幅広い方々を対象に、傷跡の修正あるいはしみあざの治療が可能です。広い範囲の創傷に対しては、傷跡が目立たなくなるよう治療を行っておりますので、札幌で形成外科をお探しの方はお気軽にお問合せください。

意外と多い顔面の骨折

女性医師を中心としたチーム医療で多岐にわたる婦人科疾患を診療します。

スポーツ時の接触や転倒、または交通事故による怪我など、強い衝撃が加わることにより人間の体はダメージを受けます。

その中でも顔面は頬骨や鼻骨など出っ張っている部分があり、骨折しやすい部位と言えます。また、目の辺りを殴られたり、ボールなどかたい物が当たったりすることによる眼球周辺の骨折もあります。

骨折の部位によっては、鼻血や皮下出血の他、しびれ、吐き気、視覚障害などがみられたり、口が開けづらくなったり、合併症を引き起こす可能性もありますので、きちんと形成外科で診断・治療を受けることが必要です。

形成外科に関するお役立ちコラム

※こちらの情報は更新日時点に基づく内容となっており変更している場合があります。
最新の情報はお問合せください(2018年3月)


札幌で形成外科を受診するなら【時計台記念病院 形成外科】

名 称 社会医療法人 社団 
カレスサッポロ 時計台記念病院
所在地 〒060−0031 札幌市中央区北1条東1丁目
電話番号 011-251-1221
URL http://www.tokeidaihosp.or.jp/



PAGE TOP



時計台記念病院 TEL(011)251-1221 
札幌市中央区北一条東1丁目2-3

トップページ当院について外来のご案内入院のご案内交通案内医療関係の方info

Copyright(C)TOKEIDAI Memorial Hospital All rignt reserved.