時計台記念病院
時計台記念病院

tel:011-251-1221
060-0031 札幌市中央区北一条東1丁目

 

札幌で循環器内科をお探しなら下肢痛や心臓の痛みなどに対応する【循環器内科】に相談を
〜「不安定狭心症」と「労作性狭心症」〜

ホーム » コラム » 札幌で循環器内科をお探しなら下肢痛や心臓の痛みなどに対応する【循環器内科】に相談を〜「不安定狭心症」と「労作性狭心症」〜

札幌で循環器内科をお探しなら【時計台記念病院 循環器内科】へ
〜下肢痛や心臓の痛みなどに対応〜


女性医師を中心としたチーム医療で多岐にわたる婦人科疾患を診療します。

札幌循環器内科をお探しの方は、【循環器内科】をご利用ください。【循環器内科】では、下肢痛心臓の痛み、労作時の息切れ、動悸などの症状に対応しております。

短時間・広範囲・高精細・低被爆を実現したマルチスライスCTや、高速と高画質を両立したMRIなどの機器を導入しており、診断精度の向上を目指しております。急患には24時間体制で対応しておりますので、札幌で循環器内科をお探しの方はお気軽にお問合せください。

札幌の循環器内科で検査・治療をお考えなら【時計台記念病院 循環器内科】へ

女性医師を中心としたチーム医療で多岐にわたる婦人科疾患を診療します。

札幌の循環器内科で検査・治療をお考えの方は、【時計台記念病院 循環器内科】をご利用ください。【時計台記念病院 循環器内科】では、虚血性心疾患や急性・慢性心不全、高血圧症、不整脈などに対応しております。各種カテーテル治療・体内式ペースメーカー移植術・循環呼吸集中治療を行いますので、お気軽にご相談ください。

「不安定狭心症」と「労作性狭心症」


不安定狭心症

不安定狭心症とは、症状のパターンが変化する狭心症のことです。狭心症発作が安静時にも起こったり、頻度が多くなったり、胸部症状の持続時間が比較的長いといった場合などには不安定狭心症が疑われます。心電図・血液検査・心臓超音波検で診断できますが、場合によっては心臓カテーテル検査によって診断する場合もあります。放置してしまうと、急性心筋梗塞症に移行する可能性が高くなってしまうため、注意が必要です。

労作性狭心症

労作性狭心症とは、冠動脈の狭窄のために心臓の筋肉に必要な血流が減少することで生じる胸部症状のことです。歩行や階段などの労作によって症状が生じ、安静にすると治まります。治療せずに放置すると不安定狭心症や急性心筋梗塞に移行する可能生があるため、早い段階での診断・治療が重要です。

循環器内科に関するお役立ちコラム

※こちらの情報は更新日時点に基づく内容となっており変更している場合があります。
最新の情報はお問合せください(2018年3月)


札幌の循環器内科を受診するなら【時計台記念病院 循環器内科】

名 称 社会医療法人 社団 
カレスサッポロ 時計台記念病院
所在地 〒060−0031 札幌市中央区北1条東1丁目
電話番号 011-251-1221
URL http://www.tokeidaihosp.or.jp/



PAGE TOP



時計台記念病院 TEL(011)251-1221 
札幌市中央区北一条東1丁目2-3

トップページ当院について外来のご案内入院のご案内交通案内医療関係の方info

Copyright(C)TOKEIDAI Memorial Hospital All rignt reserved.