時計台記念病院
時計台記念病院

tel:011-251-1221
060-0031 札幌市中央区北一条東1丁目

 

札幌の循環器内科で息切れ・胸痛・動悸について相談するなら【時計台記念病院 循環器内科】へ 〜高血圧症の種類〜

ホーム » コラム »札幌の循環器内科で息切れ・胸痛・動悸について相談するなら【時計台記念病院 循環器内科】へ〜高血圧症の種類〜

札幌で循環器内科をお探しなら【時計台記念病院 循環器内科】に相談を


女性医師を中心としたチーム医療で多岐にわたる婦人科疾患を診療します。

札幌循環器内科をお探しの方は、【時計台記念病院 循環器内科】にご相談ください。【循環器内科】では、「豊富な臨床経験を有する循環器専門医が診断機器を駆使し、循環器疾患を有する患者様に最良の医療を提供すること」を目標としております。

血管造影装置、64列マルチスライスCT、MRIなどの機器を導入し、より正確な診断・治療を行っておりますので、札幌で循環器内科をお探しの方はいつでもご相談ください。

札幌の循環器内科【循環器内科】では息切れ・胸痛・動悸などに対応

女性医師を中心としたチーム医療で多岐にわたる婦人科疾患を診療します。

札幌の循環器内科【時計台記念病院 循環器内科】は冠動脈のみならず、下肢閉塞性疾患に対するカテーテル治療件数でもトップレベルの実績があります。形成外科と連携し、重症虚血肢の治療にも積極的に取り組んでおります。

センター開設以降様々な治療技術を開発し臨床応用を続けてきたため、他院で治療困難と判断された症例にも対応することが可能です。息切れ胸痛動悸など体の不調にお悩みの方は、お気軽にご来院ください。急患には、24時間体制で対応いたします。

高血圧症の種類


本態性高血圧

本態性高血圧が起こる原因ははっきりと分かっておらず、遺伝や環境、生活習慣が原因で発生すると考えられています。特徴的な症状はなく、健康診断などで血圧測定を行った時に気づくケースがほとんどです。中には軽い頭痛やだるさ、肩こりなどの症状を訴える方もいらっしゃいます。日本の高血圧患者の約90%がこのタイプの高血圧です。

二次性高血圧

二次性高血圧とは、血圧上昇の原因が検査によって特定できる高血圧のことです。二次性高血圧の原因となる疾患として腎血管性疾患や脳幹部血管圧迫、原発性アルドステロン症、甲状腺機能低下症、大動脈狭窄症、睡眠時無呼吸症候群などがありますが、その中でも腎実質性疾患が半数以上占めることから、腎臓と高血圧の間に密接なつながりがあることが分かっています。日本の高血圧患者の約10%がこのタイプで、20歳以下・50歳以上で発症するケースが多いです。

循環器内科に関するお役立ちコラム

※こちらの情報は更新日時点に基づく内容となっており変更している場合があります。
最新の情報はお問合せください(2018年3月)


札幌の循環器内科を受診するなら【時計台記念病院 循環器内科】

名 称 社会医療法人 社団 
カレスサッポロ 時計台記念病院
所在地 〒060−0031 札幌市中央区北1条東1丁目
電話番号 011-251-1221
URL http://www.tokeidaihosp.or.jp/



PAGE TOP



時計台記念病院 TEL(011)251-1221 
札幌市中央区北一条東1丁目2-3

トップページ当院について外来のご案内入院のご案内交通案内医療関係の方info

Copyright(C)TOKEIDAI Memorial Hospital All rignt reserved.