社会医療法人 社団 カレス サッポロ 時計台記念病院・時計台記念クリニック
(財)日本医療機能評価機構認定病院
文字の大きさ 標準 特大

 
病院概要当院の理念診療のご案内交通案内関連施設プライバシーポリシーお問合せ
センター紹介循環器センター


センター長ご挨拶



循環器センター長
浦澤 一史

  当センターは豊富な臨床経験を有する循環器専門医が最新の診断機器を駆使し、循環器疾患を有する患者様に最良の医療を提供することを目標としております。
 循環器疾患の診断や治療に苦慮される症例がおられましたら、いつでもご相談ください。急患に対しましても24時間体制で対応いたします。

循環器センターの特色

休日・深夜を問わず、24時間体制で急患に対応します


こんな症状の患者さまを診ます

動悸 「強く打つ鼓動」「脈が抜ける感じ」「突然脈が早くなる」
「脈が乱れている」など
胸痛 「運動時の胸部圧迫感」「朝の起床時の胸痛」
「発作的な喉の奥の違和感」「左肩に放散する鈍痛」など
呼吸困難 「労作時の息切れ」「夜間の起座呼吸」など
間歇性跛行 「歩行中の下肢の突っ張り感」「安静時下肢痛」
「下肢の冷感や変色(左右差)」など


こんな疾患を扱います

● 虚血性心疾患
「狭心症」「急性心筋梗塞」は正確かつ迅速な診断と治療が必要です。
重症度や緊急度に応じて、主としてカテ−テル治療を中心に最適な治療法を施行します。

● 急性/慢性心不全
急性心不全は適切な治療が施されないと生命を脅かす危険な病態です。慢性心不全に対 しては原因とその重症度により、内科療法から外科療法まで様々な治療法を選択します。

● 高血圧症
ガイドラインに準じ、重傷度や臓器障害(心肥大、虚血性心疾患、脳血管障害など)の有無や他の動脈硬化危険因子(糖尿病、高脂血症など)の合併などを考慮し、適切な降圧剤を処方します。

● 不整脈
ひとくちに不整脈といっても放置していいものから、緊急治療を要する物まで様々です。治療法も内服薬、体内式ペ−スメ−カ−、植え込み型除細動器まで多岐にわたっており、病態に応じてその中から最も適切な方法を選択します。

● 末梢血管疾患
下肢動脈の狭窄や閉塞(閉塞性動脈硬化症)、難治性高血圧や腎不全悪化の原因となる腎動脈狭窄症や鎖骨下動脈狭窄症も循環器科医の治療対象です。カテ−テル治療を中心に、外科治療や創傷ケアも含め、総合的な診療を目指します。


こんな治療を行います

● 各種カテーテル治療
カテ−テル(治療や検査用の細い管)を用いた治療法(PCIといいます)は年々進歩しており、今や虚血性心疾患のほとんどの症例でPCI治療が可能です。また、末梢動脈に対する治療もこの技術を用いることでカテ−テル治療の適応が拡がってきています。

● 体内式ペースメーカー移植術
最新のペ−スメ−カ−はより生理的な拍動に近くなるように様々な工夫がされています。また不整脈発作に対するモニタ−機能や発作予防機能なども有しています。病態に応じて最も適切なメ−スメ−カ−を植え込みます。

● 循環呼吸集中治療
最新の人工呼吸器や循環補助装置を装備し、専用スタッフによる24時間監視体制の心臓集中治療室(CCU)をご用意しています。


担当医師のご紹介



外来 担当医師表

 
循環器内科 午前 木谷 交替制
(予約外のみ)
益子
午後  
不整脈外来 午前 出張医


ご挨拶・循環器センターの特色 活動状況 お問合せ先



受療者さまへ地域の皆様へ医療関係の方へ当院で働きたい方へ