社会医療法人 社団 カレス サッポロ 時計台記念病院・時計台記念クリニック
(財)日本医療機能評価機構認定病院
文字の大きさ 標準 特大

 
病院概要当院の理念診療のご案内交通案内関連施設プライバシーポリシーお問合せ

センター紹介


消化器センター

ご挨拶 センターの特徴 胃瘻外来 NST(栄養サポートチーム) 内視鏡センター
各学会施設認定 経鼻内視鏡検査 カプセル内視鏡検査  受賞歴

胃瘻外来

  胃瘻外来は個々の患者様に対して胃瘻造設の適応や胃瘻チューブの交換、栄養投与に関する各種トラブルなどに対応する専門外来です。胃瘻や経腸栄養に関して経験豊富な担当医と看護師、薬剤師、管理栄養士、医療ソーシャルワーカーなどがチームとして対応いたします。


診療内容

□新規造設紹介患者様の相談

  造設の適応を検討し、入院の予約を致します。

□すでに胃瘻管理されている方のチューブ交換

 患者様の状況に応じて胃瘻チューブの交換を計画します。 (おもに短期入院で行います)

□胃瘻抜去に関する相談

 抜去が可能な状況か判定し、可能であれば入院にて胃瘻チューブを抜去します。

□下記のような胃瘻に関するトラブルの相談など

  • 胃瘻栄養中のトラブル
    胃食道逆流、嘔吐、下痢、便秘、栄養剤の漏れなど
  • 栄養投与方法についての相談
    半固形化栄養投与法、空腸瘻への変更など
  • 胃瘻周囲のトラブル
    不良肉芽、瘻孔周囲の発赤・びらん、感染など
  • 胃瘻チューブのトラブル
    チューブの汚れ、詰まり、チューブが抜けてしまったなど
  • 胃瘻の患者様の健康に関しての相談
    体重の減少、栄養の投与量や種類の相談、発熱など

胃瘻外来開設の経緯

 高齢化と栄養療法の普及によって胃瘻(PEG=経皮内視鏡的胃瘻造設術)の必要性が急速に高まっています。 一方で胃瘻に関わるリスクや多様な問題への認識も高まっていますが、専門的に高度な知識と技術で対応可能な施設はまだ数少ないのが現状です。老人医療の性格が強く、いままであまり重視されていなかったためと思われます。そのため悩みを抱えたまま困っている患者様、ご家族が多数存在すると思われます。
  当院の消化器センター医師はいずれも数百例の胃瘻造設管理の経験があり道内屈指の胃瘻のエキスパートと言えます。豊富な経験と当院の有する最先端の医療機器(CT,超細経内視鏡など)を生かし、周辺の医療施設やカレスサッポログループ他施設との連携を図り、胃瘻に関するニーズと問題に専門的に対応するセンター的な役割を担い地域医療に貢献できると考えました。 その窓口として胃瘻外来を開設致しました。
  また近年重要視されている栄養管理の手法を取り入れ全身的な栄養面からの治療サポートをチーム(栄養サポートチーム:NST)で行う体制を整えました。

胃瘻とは

 病気のために口からだけでは十分な食事が取れない場合、手術(当院では経皮内視鏡的胃瘻造設術=PEGをおもに行っています)で皮膚から直接胃にチューブを入れ、そのチューブを通して栄養剤を入れることが出来ます。この皮膚から胃へのチューブが通るトンネルが胃瘻です、口の代わりに栄養を取り入れる体への入り口ですから胃瘻はお腹にある第二の口と言えます。 食事が十分に取れないと栄養不良となり、衰弱した状態となり体力、抵抗力がなくなり、病気にかかりやすくなり、また治りづらく、重症化しやすくもなります。
 そのような場合、他の方法で栄養を補助すると体力や抵抗力も回復し、全身状態が改善し維持することが出来ます。病気の治療効果もよくなり、より早く病気を治したり、からだの状態を回復することが出来るようになります。 胃瘻は栄養補助の方法のひとつで胃腸の問題がない場合、長期間、安全に栄養補助を行う場合第一選択とされています。

PEGとは

 経皮内視鏡的胃瘻造設術、英語でPercutaneous Endoscopic Gastrostomyを略してPEGと言います。当院ではおもにPEGで胃瘻の手術を行います。PEGは内視鏡で胃の中から確認しながら局所麻酔を用いた小手術で専用のチューブを留置します。開腹することなく1.5cm程度の皮膚切開で手術可能です。通常20分から30分程度の手術時間です。術後翌日から留置したチューブから栄養剤を入れ始め1週間くらいかけて必要なカロリーに段階的に増やします。胃瘻の傷はおよそ2週間で落ち着きます。


胃瘻の適応疾患

栄養補助目的の胃瘻
長期間(1ヶ月以上)の栄養補助が必要で消化管(胃腸)の機能が保たれている方で以下のような病態のかたが適応となります。
  • 脳血管疾患(脳梗塞、脳出血)などにより食事が十分に摂取できないかた。
  • 神経筋疾患などにより嚥下(食べ物を飲み込む)機能が障害されているかた。
  • 頭頚部疾患などによる摂取困難を認めるかた
  • 誤嚥性肺炎を繰り返すかた
  • 炎症性腸疾患(クローン病)などで長期に成分栄養を必要とするかた
減圧目的の胃瘻
  • 消化管閉塞の状態で胃からの減圧が必要なかた
  • 悪性腫瘍などによる上部小腸閉塞や幽門狭窄を認めるかた

当院で行える胃瘻関連手技

  • Introducer変法(Seldinger法、Direct法)による胃瘻造設
  • Introducer法による胃瘻造設
  • Pull/Push法による胃瘻造設
  • PTEG(経皮経食道胃管挿入術)
  • D-PEJ(経皮内視鏡的空腸瘻造設術)
  • 細経内視鏡によるPEG-J(経胃瘻的空腸瘻)

胃瘻造設に関する当院のポリシー

  1. 造設前に胃カメラ、腹部CT検査などを行い胃瘻造設の適応と障害を十分に検討します。
  2. 造設の際は全例に胃壁腹壁固定を併用することを原則とし、レントゲン透視を併用しながらPEGを行います。
  3. 状況によっては造設時に超細経内視鏡、腹部超音波、 CTガイドなどを用いて極力安全かつ患者様に優しい胃瘻造設術を心がけます。
  4. 胃瘻をつくって終わりではなく、しっかり栄養管理を行い、可能であれば少しでも経口摂取ができるようにリハビリを行います。
  5. 胃瘻だけでなく患者様の栄養状態、さらには背景疾患や社会的背景などにも目を向けて配慮します。

胃瘻外来担当医

吉田 晴恒 長岡 康裕
・日本消化器病学会認定 専門医 ・PEG・在宅医療研究会会員
・日本消化器内視鏡学会 指導医 ・北海道胃瘻研究会会員
・日本消化管学会認定医 ・日本消化器内視鏡学会 指導医

胃瘻外来受診方法

胃瘻外来は、予約制となっております。
まずは外来まで、お電話にてお問い合せください。
お問い合せ先:TEL 011-251-1221
〒060-0031 札幌市中央区北1条東1丁目2番3号

※他院や施設に入院中の方、または自宅療養中でかかりつけの主治医がいる場合は、主治医からの「診療情報提供書」(紹介状)をご用意ください。 すでに胃瘻を行っている方は手術日や留置しているチューブの種類がわかるものをお持ちください。 (手術を受けたときに渡されているカードや手帳)

ご挨拶 センターの特徴 胃瘻外来 NST(栄養サポートチーム)

 内視鏡センター 各学会施設認定 経鼻内視鏡検査 カプセル内視鏡検査 受賞歴



受療者さまへ地域の皆様へ医療関係の方へ当院で働きたい方へ