社会医療法人 社団 カレス サッポロ 時計台記念病院・時計台記念クリニック
(財)日本医療機能評価機構認定病院
文字の大きさ 標準 特大

 
病院概要当院の理念診療のご案内交通案内関連施設プライバシーポリシーお問合せ

センター紹介


消化器センター

ご挨拶 センターの特徴 胃瘻外来 NST(栄養サポートチーム) 内視鏡センター
各学会施設認定 経鼻内視鏡検査 カプセル内視鏡検査  受賞歴

カプセル内視鏡検査って何?


 カプセル内視鏡検査とは、超小型カメラを内蔵したカプセルを口から飲み込むだけの内視鏡検査です。
 カプセルは消化管を通過しながら画像を撮影し、画像は記録装置へ転送されます。医師はこの画像をもとに小腸の診断を行ないます。
※非常に稀ですが、カプセルが消化管内の病変により、体内に滞留する報告があります。




正確な診断に役立ちます

 小腸は、全長が6〜7mと長く、全消化管の75%を占める、体内で最も長い臓器であり、従来の内視鏡やその他の検査方法では十分な観察が出来ませんでした。そのため、優れた検査方法の開発が望まれていました。
 カプセル内視鏡検査は、従来、他の小腸検査では見逃されてきた病変の検出が可能であることを証明しました。
 特に原因不明の消化管出血のうち小腸腫瘍が発見された症例は約9%にのぼり、そのうち約半数が悪性腫瘍であったとの報告もありました。 一個のカプセルを飲むことで、小腸内視鏡検査ができ、原因不明の消化管出血の原因が明らかになり、さらには早期診断、早期治療の可能性となる検査です。

カプセル内視鏡検査の特徴

  • 従来の小腸検査に比べ、苦痛がほとんど無い検査です
  • 検査中は日常生活ができます
  • 検査開始2時間後からお水、4時間後から軽い食事を取ることができます




ご挨拶 センターの特徴 胃瘻外来 NST(栄養サポートチーム)

 内視鏡センター 各学会施設認定 経鼻内視鏡検査 カプセル内視鏡検査 受賞歴



受療者さまへ地域の皆様へ医療関係の方へ当院で働きたい方へ